皮膚科学研究所とは


皮膚科学研究所は、株式会社アミックグループの創業以来41年に亘り、皮膚と化粧品の働きについて研究してまいりました。

従来の化粧品メーカーは、現在も含めて99%のメーカーが同様の考えに基づいてパターン化されたように、クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液・クリームを年齢別、或は価格別にライン化して化粧品を開発し、販売しています。

しかし、人の肌は人種はもちろん、年齢・季節・体調によって日々変化するにも関わらず、従来のようにパターン化され、新しい原料を配合するだけで様々なトラブルに悩む女性の要求にこたえる事が出来るのか疑問に感じていました。

皮膚科学研究所では、そうした疑問を解決するために様々な年齢の様々なトラブルを持つ女性の肌を分析し、それぞれの悩みに対応するための化粧品とお手入れ法を研究しました。

その結果皮膚科学研究所は、パターン化された化粧品のラインナップでは問題の解決は出来ないことが分かったことから、病理学的考えを基に一人一人の肌をきめ細かく分析して症状に合った最適な化粧品の選択とお手入れ法をアドバイスすることで初めて問題の解決が可能になると考えています。


国立市ふるさとチョイス 32℃化粧品